スパンデックス=加圧シャツなの?弾性繊維とは?

加圧シャツについて調べてみると、
「スパンデックス」という名前をよく目にするはずです。

では、加圧シャツ=スパンデックスなんでしょうか?

また、「弾性繊維」もたぶん見たことがあると思いますが、
これらについて調べてみました。

スパンデックスって何?弾性繊維との関係は?

加圧シャツに使われているスパンデックスとは、
ポリウレタン弾性繊維の一般名称のことです。

伸縮性がとても良いのが特長です。

しかも、他の繊維に少しだけ混ぜても、
繊維全体が同じように伸び縮みするようになります。

とってもスゴい繊維なんですね。

また、弾性繊維とは「弾性」からわかるように、
力を加えると変形して、元に戻ろうとする性質を持つ繊維のことです。

つまり、スパンデックスとはしっかり伸び縮みする素晴らしい繊維といえます。

スパンデックスと何を混ぜて(混紡して)あるの?

加圧シャツは、一般的にスパンデックスとナイロンの混紡です。

スパンデックスほどではありませんが、
ナイロンも同じように伸び縮みする繊維ですね。

また、ナイロン以外では、テリレン(ポリエステル)も使われます。

テリレンは伸縮性が少ないので、よりハードな着心地になりますね。

ちなみに、ボクサープレスでは、スパンデックスの割合は10%です。

割合が少ないようなカンジがしますが、スパンデックスは強力なので、
加圧と着心地のバランスを考えて、この割合になっています。

とにかく加圧力が欲しい人には向いていないかもしれませんが、

毎日着用するために、あえて抑えめにしてあるといえますね。

→ ボクサープレスの動画レビュー

→ ボクサープレスを手にいれるには?

タイトルとURLをコピーしました